FC2ブログ

とある素人ハメ撮り投稿者のつぶやき

出会い系やサイト等で素人の子をハメ撮りしています、その中で思った事感じたことを適当に書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本当にあった怖い話 2話美人局前編

当時は携帯の出会い系サイトが主流だったのだが、約10年以上前の話を。
他県のU市に住んでいたころ。あさみという少女と携帯で知り合った。金額と大まかな内容のみで
写真の交換もなし、メルアドのみで駅前で会うことになった。大まかな内容のみで会う場合と、きっちり内容を詰めて
会う場合がある。相手の文章や、場合によっては非通知の会話にて判断している。

あまり期待もしていなかったのだが、駅前に現れたのは、今年の中で最大のヒットとなるであろう美少女だった。
間違いなく俺は舞いあがっていた。それは数分後がっかり感に変わる。

U駅は高架駅で高架の下をクロスするように駅前道路が走っている。南側に数件のホテル街があり、北側に住宅街、私の家も
ここにある。
会って北側に向かおうとするとあさみは
「え?あっじゃないの?」とホテル街のほうを指さした。
「あ、いえで撮るよ。機材もって来ていないし、お金もほとんど家においてある。」
彼女はかなり動揺していた、その証拠にきょろきょろしだした。
隣の市に住んでいるはずの子なのにあんなおんぼろホテル街を知っているということは、これは業者かな?
それともこんなおっさんと歩くのは気が引けているのかな?と思い。駅前道路を歩かずに一本裏の南北道路を歩いていく。
表通りはコンビニ数件ファミレス数件、本屋やレンタルCDもあるにぎやかな通りだが、
裏通りは完全な住宅街。家まで話でもしながら歩いていくとしよう。
「あの、実は嘘をついていて私17歳なんです。」彼女は立ち止まり急にそんなことを言い出す。
え?動揺した。そりゃ、まずいだろ?
「え?マジ?本当はこういうことをしたくないのなら、今日はやめる?」
今度は彼女が動揺の顔を浮かべる。
「いや、そういうんじゃなく、17歳だけどそれでもいいですか?って意味です。援助はしてほしいです。」
「ごめんね、援助してほしいというのに、わざわざ相手をビビらせてやめるようなことをいうあなたの真意がわからない
本当はこういうことをしたくないんじゃないの?」
しかし彼女は歩くの遅いなあ。もう明らかに私が足を止めて待たねばならないレベル。きょろきょろも続く。
これは見た目的には完全に信じられないのだが、本業デリ嬢のこか、美人局だろうと考えざる得なかった。
そこへ電話が来た。
「もしもし、まだ駅の近く、ちょっと裏側の道路、」会話が聞こえてくる。美人局が確信へと変わる。
場所は家の近所、地の利はこちらにある。ちょっとからかってやろうといういたずら心がむくむくと湧き上がる。

スポンサーサイト
[PR]

[ 2016/07/31 16:25 ] 駄文 | トラックバック(-) | CM(2)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/08/07 00:38 ] [ 編集 ]
> ハメ撮り投稿者で検索してたらこのブログに 自分も同じ40年代です

初めましてコメントありがとうございます。若い子を中心に撮っていますが、最近精神的に若い子へはインポ気味です。ww
またぽつぽつ上げていきますのでよろしくお願いします。
[ 2017/05/01 16:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。